Profile

leptir

Author:leptir

Attention
当ブログや以前のブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。
Category
Comment
Link
Twitter
Search
RSS

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリアのあれこれ

Mon.15.09.2014 0 comments
arekore_masu.jpg

「肌寒くなったペルホネンからお届けします。
こんにちは!支店店番のアイヒェルだよ。
Blanca la tiendaに納品している数店がそれぞれ詰めている「あれこれ」…
トリア商會からも店長が本店で集めたあれこれが届いたのでお出しします。
小箱以外はそれぞれ、異国のお買い物袋や古い紙などで包みました。


中身は、形などが『幻石』絵のモデルに使われたものや、色見本になったもの、古物やパーツなど色々!
一部ご案内いたします。
他幾つか包んでいますが、ここで紹介するには画像が多いので
こちら【https://twitter.com/Marga_TORIA】からどうぞ。


are01.jpg
風露草に染まる水のイシと、マーニに染まる水の石、古いムーブメント
風露草に染まる水のイシは、一部分が真珠画廊でお馴染みの「静かな吐息」…クジラの絵だね。
そのモデルに使われたと言われているそうです。
マーニに染まる水の石は、中に灯が燃えているみたい。
色や形の一部が「情熱」…燃え盛る薔薇の絵に使われたそうです。

are02.jpg
青い灯石。色形がニホンのフジ山に似ている…らしいです。
緑色のイシ共々、色んな水の絵の色見本。
二色がまざりかけたような古い硝子玉がオマケ。

are06.jpg
群青の炎を内包するイシ…の元の欠片、古代樹の欠片と、水のイシのセット

are07.jpg
真っ黒の「石花」…と思われるイシ。店長が旅先で形に惹かれて持ち帰ったもの。
水のイシと小さな古鍵

他にもまだ色々ご用意しています。
今夜そちらのお時間で21時、Blanca la tiendaでどうぞ!」
スポンサーサイト

青い小物

Mon.14.07.2014 0 comments

7月15日のBlanca la tiendaで
コールマン氏がトリアから持ち帰った青い小物達。



20140715a.jpg

古代魚の鱗と水硝子の耳飾り
青い煌めきが、銀と、水のイシとマーニの欠片の粒で繋がっています。


DSCN1946.jpg

併設画廊の絵画作品が使われた栞のセット
右から「夜明けの月」「約束の場所」「育ちゆく青」

DSCN1955.jpg

読書の華やぎに。
栞、それは物語の途中とこちらを繋ぐ鍵。

26日に追加更新致します

Tue.25.02.2014 0 comments
DSCN1861.jpg

「トリア商會の店長は元々『画廊』の展示作品の一部やその他作品の為のディーラーだった。
それがいつからか、ギャラリーの「お土産物」や、装飾品やら不思議なものやらを時々集めてお店に出している。

みやげ物というのは記念品ですから、ちょっと妙でも要は気持ちなのですよ。
…静かに並ぶ作品達の、その生の声を思い出す為の、鍵なのです。

店長は笑ってそう言ったけど、作品の声ってどんなものだろう。
僅かにこの支店にも入ってきた小さな絵達を思い出しながら、
声とはどんなものであったのか、鍵の前で考えいる。」

【トリア商會ペルホネン支店 アイヒェルの営業日誌より】





DSCN1853.jpg

masumiです。明日26日21時に追加…いえ、ゲリラ更新です。
15日に販売予定でしたが、強度を再考して遅れてのご紹介となりました。
「真珠画廊のお土産」シリーズです。
前回のクリップはあちこち傷のついたヴィンテージのアクリルでしたが、今回はキラキラの硝子です。
一般的な意味でのブックマークよりはクリップという方が実用向きかなと思いましたのでそのように記しております。
実際、栞やページの目印として使うには紙を傷めるので、私はメモやお菓子の袋を留めたりするのに使っています。

そして写真のブローチは遠目にただの青緑のマーブルに見えなくも…?と思い土産といやげのギリギリを探りました。
初夏には涼しげに使えそうなので一応春ものになるでしょうか。
だいたい自分用にも一つ作るので、今後試してみようと思います。
美術館などでも一部にある、いわゆる「いやげもの」の…その作品は好きだけど、バーンと絵柄のプリントされたハンカチやTシャツを身につけられるか…美意識と愛が試されている。

DSCN1865.jpg
ご好評の絵柄「St.Magnolia」も金具のお色違いで再び。
寂静の花、より落ち着きました。


種類は少ないですが、複数在庫のあるものもございます。
それでは明日のゲリラ更新に。


煌めきのロケット - 春風 -

Sat.15.02.2014 0 comments
DSCN1843.jpg

異国の言葉がついた、春風を映した風のイシ。
香るような薄桃色

北に行くほど凍土の大陸フィヤーリルの影響を受けてか、ペルホネンの冬は雪が多い。
幸い、お店があるあたりはヒトが行き来できるくらいなので、雪は無慈悲なものではなく景色を美しく白に包んでいる。
今回届いたロケットには、春の色が映り込んでいる。

音をも白く消すこの雪の中、手の中にだけ春が一粒在るようで
雪花の向こうに 花が香ったような気がした。

【トリア商會ペルホネン支店 アイヒェルの営業日誌より】



masumiです。
ピンクトパーズの標本ロケット、ブローチタイプです。
コートに、襟元に、帽子に。
とっておいた綺麗な桜色のピンクトパーズを、この大雪の向こうにあるであろう春を思って送り出します。

他にもお品を予定しておりましたが、より丈夫で良いものにするために今少しお時間頂くことに致しました。
今月のどこかで、もう一度更新させていただきますね。

煌めきのロケット

Sun.26.01.2014 0 comments
DSCN1788.jpg

本店から標本装飾品が幾つか届いたので、早速コールマン氏にご連絡。
風のように早くいらして下さったけど、ペルホネンのこの場所から中央までは結構な距離があるから、あちらのお店に出るのは少し先もしれない。
ラベルの文字は僕にはなんと書かれているのか読めないのだけど、お客様や旅人の中にはたまに読める人も居る。
どういう意味なのか教えてもらってもやっぱりよくわからない。
それでも奇麗だと思う気持ちは一緒なのかなと思う。
今回のイシもとても奇麗だ。
他にも、コールマンさんは先日旅人から仕入れたイシの小物や、本店画廊のお土産物などをお持ち帰りになった。
今頃またどこかを風のように渡って、不思議で奇麗なものを探しているのだろう。

【トリア商會ペルホネン支店・アイヒェルお営業日誌】より



こんにちは。本日のゲリラ更新…いえ追加更新のお品物をまたご紹介させて頂きます。
少しお久しぶりのロケットです。

DSCN1799.jpg

新顔のパライバトルマリン原石の標本ロケット。
今回はブローチもあります。
DSCN1816.jpg

他にも種類がございますが、それらは夜にショップにて。


DSCN1759.jpg

アウィンの原石リング。
ガラスに入れて標本のようになっております。
DSCN1762.jpg
きれいな青


DSCN1769.jpg

真珠画廊のお土産クリップ
画廊の絵画作品のグッズ。
ミュージアムショップ兼雑貨屋・トリア商會のオリジナルお土産品。
ヴィンテージのアクリルカボションなのでちょっと古びています。


Blanca la tienda 本日21時に追加更新です。

topTop - Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。