Profile

leptir

Author:leptir

Attention
当ブログや以前のブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。
Category
Comment
Link
Twitter
Search
RSS

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大聖堂研究所の研究品

Tue.14.01.2014 0 comments
いらっしゃいませ。
ブランカ・ラ・ティエンダへようこそ!
店番のセラフィナです。

今日は、父から荷物が届きましたよ。
大聖堂研究所で何やら備品などの大整理が行われたらしく
不要品をリチアさんから譲り受けてきたと
一緒に入っていたメモに書かれていますね。

箱の中身は…硝子ドームと台座とイシが入っています。

ロジャリーセット

おそらくは このように研究室の棚に置かれていたのでしょうね。
一体どんな研究に使われてきたのでしょうか。
想像するだけでワクワクしてきました。

全部で4セット作れそうですので
ご自宅の片隅に小さな大聖堂研究所はいかがですか?





こんばんは。Lisaです。
更新を明日に迎えて、アクセサリー組み立てをまだのちまちまやっております。
ショップの更新前にはLisa納品分のアクセサリーを、さらっと紹介できたらなぁ…と。

今回は鉱石市には、レプティルあれこれ硝子ドーム付を用意してみました。
セット内容は、上の写真に写っている物で、硝子ドーム、鉱石、木製イシ座の3点セット。

鉱石は全部で4種類。

イギリス ロジャリー鉱山の蛍石(紫外線で強く蛍光するで有名な蛍石です)
ロジャリーセット2

水晶とアクアマリンとブラックトルマリンが共生したとても賑やかで見ごたえのある一品。
水晶・アクアセット2

アズライトとマラカイトの共生。
アズライトセット3

スファレライトと共生した透明な蛍石。
蛍石セット2

以上の4種類を販売いたしますので明日の更新を楽しみにしていただけたら嬉しいです。
(鉱石の種類によって値段がかわります。)





ランキング参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« レプティルの世界からあれこれ - ホーム - 汽水域に育つ水のイシ-霧の森- »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。