Profile

leptir

Author:leptir

Attention
当ブログや以前のブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。
Category
Comment
Link
Twitter
Search
RSS

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26日に追加更新致します

Tue.25.02.2014 0 comments
DSCN1861.jpg

「トリア商會の店長は元々『画廊』の展示作品の一部やその他作品の為のディーラーだった。
それがいつからか、ギャラリーの「お土産物」や、装飾品やら不思議なものやらを時々集めてお店に出している。

みやげ物というのは記念品ですから、ちょっと妙でも要は気持ちなのですよ。
…静かに並ぶ作品達の、その生の声を思い出す為の、鍵なのです。

店長は笑ってそう言ったけど、作品の声ってどんなものだろう。
僅かにこの支店にも入ってきた小さな絵達を思い出しながら、
声とはどんなものであったのか、鍵の前で考えいる。」

【トリア商會ペルホネン支店 アイヒェルの営業日誌より】





DSCN1853.jpg

masumiです。明日26日21時に追加…いえ、ゲリラ更新です。
15日に販売予定でしたが、強度を再考して遅れてのご紹介となりました。
「真珠画廊のお土産」シリーズです。
前回のクリップはあちこち傷のついたヴィンテージのアクリルでしたが、今回はキラキラの硝子です。
一般的な意味でのブックマークよりはクリップという方が実用向きかなと思いましたのでそのように記しております。
実際、栞やページの目印として使うには紙を傷めるので、私はメモやお菓子の袋を留めたりするのに使っています。

そして写真のブローチは遠目にただの青緑のマーブルに見えなくも…?と思い土産といやげのギリギリを探りました。
初夏には涼しげに使えそうなので一応春ものになるでしょうか。
だいたい自分用にも一つ作るので、今後試してみようと思います。
美術館などでも一部にある、いわゆる「いやげもの」の…その作品は好きだけど、バーンと絵柄のプリントされたハンカチやTシャツを身につけられるか…美意識と愛が試されている。

DSCN1865.jpg
ご好評の絵柄「St.Magnolia」も金具のお色違いで再び。
寂静の花、より落ち着きました。


種類は少ないですが、複数在庫のあるものもございます。
それでは明日のゲリラ更新に。


« 結晶露木の首飾り-露引き結ぶ春風の音- - ホーム - 「花ニ夢見ル蝶ニ恋フ」に参加いたします。 »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。